Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790


 >  > Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790
15インチN WGNJH系 ターボ車ENKEI オール オールフォー KCR マシニングブラック 5.0Jx15Bluearth AE-01 165/55R15 文字を大きく【送料無料】 BRIDGESTONE ブリヂストン エコピア NH100 C 175/65R14 82S タイヤ単品1本価格   文字を小さく  色を変える【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ W400 緑 KA012-050-0707 JP店

Clazzio クラッツィオ シートカバー GP1/GP4 センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790 71.6φ


本名(武喜)
俳人
大正九年(一九二○)九月五日生まれ
人吉市出身

業績概要

十五歳の頃から句作を始める。後藤是山に俳句を学び、号の「占魚」は後藤是山が人吉の鮎にちなんで命名した。

 昭和十七年、東京美術学校(工芸技術)に進学。東京にて、松本たかしに句作指導を受け、その後、高濱虚子に師事する。高濱虚子の「客観写生」の精神を受け継ぎ、句作を重ねるが、俳句結社「ホトトギス」が世襲されたことに反発、「芸術に世襲なし」として「ホトトギス」を離脱。

 中央俳壇から距離を置きながら、旅を愛し、「徹底写生 創意工夫」の姿勢を貫いて、創作活動を続けた。住居は群馬県、さらには東京都と移ったが、その原風景は、故郷人吉の城跡や球磨川であり、実母を幼くして亡くした悲しみと望郷の思いを生涯抱いた俳人であった。

 二十九歳(昭和二十四年)で創刊した主宰誌「みそさざい」を平成七年まで五百四十四号続ける。第一句集『鮎』、第二句集『球磨』をはじめ句集十二冊、選句集七冊、全句集一冊、解説評論集五冊、随筆集八冊、吟行歳時記等を世に出す。漆工芸作家としても個展を開くなど非凡な足跡を残す。

 昭和十七年  東京美術学校(工芸技術)進学
 昭和十九年  群馬県富岡高等女学校に図画教師として赴任
 昭和二十一年 第一句集『鮎』上梓
 昭和二十四年 主宰誌「みそさざい」創刊
 昭和三十四年 「ホトトギス」離脱
 平成元年   熊本日日新聞社「熊日俳壇」の選者となる
 平成八年   没


写生修業の一生 俳人 上村占魚

 宗像夕野火


 昭和二十一年十二月に刊行された上村占魚第一句集『鮎』の序文を高濱虚子は「占魚は今年まだ二十七の青年である。昭和十二年というと十八の子供で人の顔見つゝたべゐる夜食かな の句を作ったのであるから早熟といわねばならぬ。」と書き出している。

 この頃のことを占魚自らは後日、第十句集『自問』の「あとがき」に「私が俳句をはじめたのは十五歳のときで、それから間もなく後藤是山先生の門に入り、先生主宰の俳句雑誌『か はがらし』を購読しはじめた。やがて先生直々に厳しい指導をいただくようになったのは、旧制中学時代のことで ある。中学を卆えて上京した私は、その後専ら『ホトトギス』に拠った。だからといって先生との縁が絶えたわけ ではなく、何くれとなくお世話いただいていた。六十一年六月八日には先生が百歳を迎えられる日なので、お祝い に西下の途上、亡くなられた報せに接したのは誕生日の四日前の夜であった。」と述べている。

 この折のことを、立場を代えて、是山先生の次子と自ら記している後藤狷士氏は是山遺句集『淡成居抄』後記に、「本集は専ら詞兄上村占魚氏の熱意と実行とに由って生まれた。

  亡き父の逮夜、氏との談たまたま故人の主宰誌であった『かはがらし』の旧時におよび、壮んなりし日の置酒放 語の折にも似て、即座に集を編む約が成った。

  氏は故人と一面、親子以上の情誼をもった人である。繁忙裡の寸暇を割いて、故人への懐思をこの為事に傾注さ れた。今、集完成をみるにあたり、氏に更めて万感を籠めて謝意を捧げる。」と述べ 【関西、関東限定】取付サービス品30 プリウス サイドステップ【ヴァルド】【D】PRIUS ZVW30 後期 Sports Line (H23.12~ ) サイドステップ ABS製 素地、さらに「さて、本集の為に銘記すべきは、占魚氏が日頃人に芸に景仰の言を吝まない中川一政画伯より、今回も『東火抄』 と同様、題簽、装幀の揮灑を賜ったことである。画伯は故人と相識の間柄にあった。画伯の仁惠の篤きをつくづく思わずにはおられない。」と書き記している。これらのものを読みながら、人と人とのつながり、縁の糸というようなものを思わずにはいられない。

  老鶯や先なる舟は瀬にかかる(球磨川下り)
  一茶忌や我も母なく育ちたる
  夕鴉声おとしゆく枯野かな(阿蘇高原にて)
  風花や小学校の昼休み
  菜畑の風にうるめり春の月

 松本たかしとの出合い以前の、即ち是山門下時代の作で、占魚十九才から二十二才の時期に当たる。

 ちらほらと村あり紅葉いそぐなり
 六面の銀屏に灯のもみ合へる
 淋しさと春の寒さとあるばかり
 本丸に立てば二の丸花の中
 頭うちふつて肥後独楽たふれけり
 日を掬ひつつ朴の葉の落ち来る
 根づきたる茄子苗の紺のびあがり

 上京後、松本たかし、高濱虚子の膝下に入ってからの、初期の写生句である。

 松本たかしは句集『鮎』の跋文にこれらの句を掲げて「この二三年の間に、随分勉強もしたが、長足の進歩をしたものである。」と誉め、さらに、「始のうちは写生句 が拙かったのであるが、努力をしてその骨法を得、右の如き写生句が出来るようになった。」「気分や調子の好し悪 し、霊感の有無に係らず、どしどし句が出来るような 30 アルファード フロントグリル【トヨタモデリスタ】アルファード 30系 前期 MODELLISTA for TYPE BLACK フロントグリル (スモークメッキ) LED有、地力の強さを持っていなければ、大きく深い作家とは云え ないであろう RENNER レナー ガード・スライダー RACE CRASH PADS カラー:white 125DUKE、と思うが ー そういう作家になって貰いたい。つまり何処までも気を弛めずに、写生をやって行 けばいいということになる。」と励ましている。

 虚子、たかしという師に恵まれたことは占魚にとって大きな転機であった。
 さらに第二句集『球磨』の序文で、虚子は「君の最も親しい先輩であって、君の心の友である歌人吉野秀雄氏は君に『工芸の道具など人にやってしまって、 俳句専門になったらよかろう』ということをいわれ、又『三十年位は生計に苦しむことは覚悟の前でとりかからね ば駄目だ』といわれたそうである。君は岐路に立って多少苦しんでいることもあるであろうが、しかし写生という ことを信奉して一途にいそしんでいることは勇ましいといわねばならぬ。」と励ましている。

 後年、占魚に、繪筆捨てし我に美術の秋来れどという一句があるが、この句には後悔のひびきなどさらさらない。

 昭和四十七年発行の第六句集『橡の木』の後記に言っている。

 「わたしは遠い日に、五十歳までは作句法の基礎だけの勉強を積み重ねる志を立ててその日を目ざし、ひたすら実 践して来た。ところが、実際に齢五十にいたってみると、あと二十年ばかりは基礎の勉強にとりくまねば駄目なことを、自作をかえりみて痛感した。

  それはそれとして同時に、基礎だけの勉強を徹頭徹尾、真正面に実行していると、或るときおもいもかけぬ幽玄、 象徴の境地におのずと達しているのを知った。これらに属する作も本集には僅かながら見出すことが出来る。人工 的美化手段、見て呉れ、はったりをいとうわたしの作風に、これらの数句は大きな収穫というべきかも知れぬ。い いかえれば基礎勉強の実行の賜ともいえる。」

  山内にもの音絶えし雪の暮(越前永平寺)
  雪やなぎ雪のかろさに咲き充てり
  朴の花咲くよりそこら風甘し
  雪片を吸ひこみ燃ゆるどんどの火
  寒きかげ光らせ谷の水走る

 自ら大きな収穫という、その数句とはこれらの作を指しているのではないかと察してみたりしている。

 第十句集『自問』は占魚満六十四歳から四年間のものだが、「あとがき」に次のようなことが記されている。

 「この四年間は健康にも恵まれ、好きな旅も月々よくし、隣の韓国へは二度も足をのばしている。暮しにもさして変りはなかった。そんな私にとって、後藤是山先生の死去は一大痛恨事であった。」

この部分の後に 、本稿書き出しの「私が俳句をはじめたのは」という文章がつづいていて、さらにその後が次のようになっている。

 「私の俳句に於ける写生修業も五十年をうわまわった。その間、便々と俳句と連れそっていたのではない。私なり にいろいろと写生の工夫をしつづけて来た。その結果だんだんに私らしい写生の眼が深まってきた。断っておくが 私の俳句が上達したと言っているのではない。自然に私に忠実な句が肩肘張らずに詠めるようになったという謂で ある。下手でよいとは無論思わないが、人さまの真似をしたり、背伸びしたような句を詠むより、はるかにましだ と信じ、ひたすらあゆみつづけているだけのことである。

  数年前から私は『徹底写生 創意工夫』の言葉をあみだし、みずからの句作鍛錬の道標としている。」

 「徹底写生」は以前から強調されていたが、「創意工夫」の言葉をわたしが初めて耳にしたのは昭和六十一年秋の韓国旅行の折、ソウル第一夜の句会の席上でのことであった。

 さて、「基礎の勉強」「写生修業」というのはどんなことか、その一例をあげてみよう。

 昭和二十年のころ、占魚は高崎市なる岳父の家の二階に仮寓していた。その二階は一間であった。

 一夜ここに宿った虚子は「この部屋の中の写生を毎日三句づつ三年間つづけよ。」と命じた由である。限られた場所で毎日三句、続けることはむずかしいことであるが、占魚はその命に従って、

  わが夜長妻の夜長の灯一つ

など数多くの作を得たことを自ら語ったことがあった。
 これが俳句でいうところの写生なのである。
 この、電燈が一つしかないということから燕居名は「一燈山房」となっていた。

 ここを発行所として、昭和二十四年一月に俳句雑誌「みそさざい」は創刊された。そのときから「器用に流行に先走ったり、人の口真似をしたり、軽薄に気取ったり、本当らしい嘘をいったりしないで、平易な国語で純粋な気持を詠うよう心がけましょう」という提唱を掲げ、これは平成七年三月の終刊号までつづいていた。

 「俳句がほとんど俳句を作る仲間だけに親しまれて、他の文芸のように世間一般の人々に親しまれないことを、

Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790

純正部品ダイハツ ミラ イースアルミホイールセット(14インチ・ミニライト)(各色)純正品番 【LA350S LA360S】※137, TOYOTIRES トーヨー プロクセス R888R PROXES サマータイヤ 225/45R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-77R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +43 4穴 100, アコード DBA-CL7 用 VAIS(ヴァイス) LEDポジション 2個セット 超広角 T10 13連LED, 【送料無料】HKB SPORTS ステアリングボス OH-174 東栄産業 [ハンドル ボス 自動車], ☆強力消臭加工付☆ オーリス ZERO(ゼロ)フロアマット H18/10~H24/8 NZE151H・154H、ZRE152H・154H 【チェックシリーズ】(自動車 フロアーマット カーマット) ヤマハ PWC WRB700 ウェーブ RUNNER プロ VXR 700 スターター 93-94 (海外取寄せ品), 古河バッテリー ハイグレードクラスカーバッテリー FB7000 アリオン DBA-ZRT260 2007/06- 品番:60B24L, 【USA在庫あり】 P アテナ ATHENA コンプリート ガスケットセット 92年-01年 CR250R 400210850252 HD店, SSK エスエスケー アルミビレットアジャストレバーセット 可倒延長式 アジャスターカラー:マットグリーン エクステンションカラー:マットシルバー レバー本体カラー:マットチタン GSX-R600 GSX-R750, 【SSR】 EXECUTOR EX04 (エグゼキューター EX04) 18インチ 8.0J PCD:100 穴数:5 inset:46 フラットブラック [ホイール1本単位] [H] FullSix フルシックス アッパーカウルエアロキット マットコート(艶なし) 綾織り 1199Panigale [パニガーレ]

Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790:ハイパープロ ローダウンリンクKIT プルロッド-40mm DR-Z400S/DR-Z4> 《ハイパープロ 22359008》 【送料無料】KYB (カヤバ) NEW SR SPECIAL フロント左右セット NST5357R/NST5357L*各1本 ホンダ ゼスト/ゼストスポーツ JE1 2006/03~ KYB [自動車 サスペンション ]

Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790.イケヤフォーミュラ アジャスターリア ロワアーム マークII JZX100 改造車検対応 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 チップ CBN CNMA120404 HD

【メーカー在庫あり】 (株)タンガロイ タンガロイ 転削用C.E級TACチップ COAT 10個入り XHGR110210ER-MJ JP 【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 パネル L フロアーサイド NHA66P パールサンビームホワイト 83701-KVZ-630ZJ HD店

、私は日頃遺憾に思っている。これは、現今の俳句の表現が頭の中のこねくり細工になって、語句などが俳句を作る仲間だけの暗号か符牒のようになって来たためではあるまいか。

 その証拠には、近来の俳句の傾向をみてもわかるように、器用に流行に先走ったり、人の口真似をしたり、軽薄に気どったり、誠らしい嘘をついたりした神経衰弱的俳句が相当に多くなっている。(略)芸術にはもとより渾沌の重圧ということが大切で、しかしどんなに内に渾沌を蔵していても、それが一句の表現として押し出されたときには、必ず全力的統一が作用せねばならない。(略)何の部門によらず、誰にも甚だわかりやすくてしかも高く深いものこそ本物の芸術だという原則をたててまず差支えないと私は信ずる。(略)目新しいことがけっして新しいのではない。本当の新しさは何時まで時代を経ても古くならぬことだ。このことは何より『万葉集』をみればわかる。」

 占魚の俳句観・写生観を察することができる一文である。これは、昭和二十七年に書かれたものだが、半世紀後の今日 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 HANKOOK ハンコック Laufenn ラウフェン G Fit EQ LK41 サマータイヤ 185/65R14 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZEFICE X ホイールセット 4本 14インチ 14 X 5.5 +38 4穴 100、なお新鮮な響きを保っている。
 その当時の句を挙げてみたい。

  頸ながき李朝をよしと椿挿す
  野蒜掘る今宵の酒をたのしみて
  藻だたみの上をさらさら水走る
  船火事や沖の夜空に燃えほそる
  冬がすむ山の一つに白髪岳(球磨)
  瀧落つるその辺の雨遲遲と降る
  わが背丈のびゆく瀧を見てあれば
  むさし野の秋は白雲よりととのふ
  夜は夜の天の恵みに蟲鳴くも

 これらの句の掲げられてゐる『霧積』について評論家亀井勝一郎はつぎのように述べている。

 「第三句集『霧積』まで来て、占魚さんも道やや遠く歩いた感が深い。第一句集『鮎』の青春をすぎて、全体とし て句は一定のコースに乗ったと言えるが、この道程の苦しさは誰しも経験する筈だ。旅の句の多いのがそれを示し ているが、同時に生活の汗を感じさせるものも少なくない。低く地を這うときのうめきが『霧積』に結集したとみ るべきだろう。異郷と故郷の往来に、占魚さんの詩魂の荒れまじと励んでいるすがたがとくに印象深かった。」

 簡潔、的確な評言である。

 この亀井勝一郎は実は占魚夫妻の仲人であった。この人を含む、占魚が師兄と仰ぐ七名の方々についての印象雑記を収めた『後塵を拝す』という一冊がある。

 その七名は、高濱虚子・會津八一・斎藤茂吉・松本たかし・吉野秀雄・高野素十・亀井勝一郎である。

 この書の「あとがき」に「画学校にあってわたしは蒔絵を専攻した。

   (中略)

 文芸のことなどなに一つわからぬわたしが今日あるのは、蔭になり日向になってこまごまと助言くださった高濱先 生をはじめ、多くの師兄のたまものに依る。

 これらの師兄のなかから七名の方々についての印象雑記を乞われるままに、新聞、雑誌、全集月報などに発表し たもののうちから収録し内容とした。

 わたしは正直いって 【2本セット】送料無料235/55R18 100V VOLミシュラン プライマシー4MICHELIN PRIMACY4新品 サマータイヤVOLOVO 承認、これらの七人の師兄と同時代に生まれ合せた事を深く感謝している。そのうえ縁あって   謦咳に接し、直に叱咤願えたよろこびを生涯の光栄とおもい、且つ誇りとしている。

また、今になお友人・先輩にも恵まれているのを有難いとおもう。

 殊に中川一政画伯からは三十年の長きを芸術全般にわたってそれとなく御指導をいただいている。してまたこのた びも装釘の労をお引受けたまわり、変らぬ温情ただただ深謝している。」と感謝の意を述べている。

 このように先輩、友人に恵まれていたということは占魚本人の人柄、人徳によるものであることが察せられる。

 俳人に限らず、歌人・詩人・文芸家・画家と広範囲にわたっていたことにも注目すべきであろう。

  大初日海はなれんとしてゆらぐ
  水よりも風澄む日なり花さびた
  天上に宴ありとや雪やまず
  洗ひ大根白き青さに積みあぐる
  日記には書かず心にあたたかし
  すぐやみしことも初秋の雨らしき
  たはれ波ゑどり浦曲の寒茜

  ひんがしに阿蘇の山晴れ大枯野
  阿蘇人と阿蘇をたたへてビール抜く
  ほととぎす海は夜明けの靄まとふ(天草 下田)
  あきらめず待ちし不知火燃えいでし
  輪飾や一物いだく木の葉猿

 健康を害してからの晩年は帰郷の機会もなかったので、熊本を詠んだ句は見られなくなった。

  空蝉の泪びかりの眼もつ

 この句は熊本の淡成居での作である。

 「是山先生に会って来たよ。」と、その庭で拾い上げた空蝉の目のひかりのことを話したことがあった。旧師に会った少年のような興奮気味の口ぶりであったことが今なお忘れることができない。

 さて、句集『自問』の巻末に「四百字自畫像」がある。

 「大正九年九月五日熊本県人吉に生まれた。幼少の日から蒲柳の体質であったのにかかわらず、生来の楽天家で医 者通いも苦にせず、薬にしても粉薬と水薬をもらってよろこんでいた。殊に葡萄色をしたやや甘苦い水薬を、自慢 気に服んでみせているのを、母が傍らで変な子だよと言ったのを覚えている。三つ子の魂とよくいうが、私は今 に物事にこだわらず、先になっても遅れてもてくてくとお目出たく生きている。俳句にしたところで、人さまがい ろいろ言って下さっても、気にならず有難く見送っている。

  商家に生まれた私に文学的要素など微塵もなく、また身についた学問もない。ただ、運に恵まれて片岡思拙、後 藤是山、松本たかし、高濱虚子、斎藤茂吉、會津八一、高野松山、吉野秀雄、中川一政の諸先生との出会いによっ て、これらの先生方からおりに触れ文学、藝術の精神をたたきこんでいただいた。感謝あるのみである。」

 ここに初めて名前の出た「片岡思拙」なる人を知る人はおそらくないかと思うが、この人が占魚にとって最も重要なキーを持っているのである。

 思拙は人吉の人。絵を描きたいため東京美術学校に入学したものの、家業を継いでいた兄の急逝のため退学して人吉に帰り、林業を営み、絵を描き、竹工芸品の製作をする「於鹿倉細工研究所」をはじめた。

 占魚が小学校五年生の時に、野外写生で馬の尻を丹念にスケッチしているところに来合わせ、「ほかの子どものまねをしていないのがよい」とほめた。これが、思拙との出合いであった。その後、占魚は於鹿倉細工研究所の思拙のところに足しげく通いはじめた。

 「芸術は写生が命。芸術は厳しくあれ。」という思拙の言葉が占魚の心の底に生き続けていたと思われる。

 さきに述べた「みそさざい」の提唱も、句集の「後記」に度々書かれている「人の口ぶりを真似てみたり、俳壇の流行に迎合した覚えはない」というような断言には、小学校五年生のときの思拙の言葉が生きつづけているのである。

 生前最後の句集は『放眼』であった。この「あとがき」にも「集名の『放眼』は眼を見開いて写生をするという、日頃私の唱えている『徹底写生 創意工夫』のなかでも最も 大切なことのひとつをとって命名した。」と述べている。

歿後出版された第十二句集『玄妙』後半の慶弔贈答句を開くとその交際の範囲の広さ、親しさが察せられる。

芥川比呂志君に
  河童の子河童の親の忌日かな

内藤春治先生に呈す
  鞴まつり鑄司春治は酔ひほうけ

深田久彌君に
  君留守の炬燵に君が著書読み待つ

シートカバー センターレザー EKワゴン ミツビシ Clazzio シートカバー 品番:EM-0790 クラッツィオ 品番:EM-0790


先師松本たかしを悼む
  百合匂ふ死相にもあるたかしの品

會津八一先生逝く
  通夜の座にとどく冬潮荒ぶ聲

高濱虚子先生遠逝
  虚子の脈ほそりほそりて春雷す

亀井勝一郎を悼む
  小春日に似て人柄も生涯も

吉野秀雄逝く
  かなしみの八つ當り梅雨憎みけり

野見山朱鳥逝く
  東京に雨しくしくと梅暗し

深田久彌大人を悼む
  春光の山を枕にたまはる死

川端康成先生逝く
  若葉潔しみづから覺めぬ眠り欲り

林武畫伯を弔う
  梅雨冷えの指にひもとく畫集かな

高野素十を悼む
  虫澄むや悲しみ事は人にのみ

旧友五味康祐逝く
  かかはりのある訃なき訃や鳥雲に

後藤是山先生を悼む
  耐へ難し梅雨かなんぞか狂ひ降れ

祝中川一政記念館
  天よりの祝の爽涼授かりて

金子信雄大人を悼む
  冬の日や記憶の面眼裏に

草津温泉にて



このマークの付いたリンクは新しいウィンドウが開きます。
PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)
このホームページで使用されている画像およびテキストを、

Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790

、無断で転載することを禁じます。

Copyright ©Clazzio クラッツィオ シートカバー センターレザー ミツビシ EKワゴン 品番:EM-0790 All Rights Reserved. (c) Kumamoto Prefectural Board of Education All right reserved.
{yahoojp} {kyouiku.higo.ed.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-77045